驚くほどお手軽に白髪染めができる利尻ヘアカラートリートメントとサンカラーマックスの比較

利尻ヘアカラートリートメントは、「無添加」利尻昆布エキス配合の白髪染めです。非常に優れた保湿力をもつ北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用しています。天然植物の自然な色で髪表面を染めるマニキュアタイプのヘアカラーなので、髪や頭皮を傷めることなくカラーリングができます。利尻昆布に含まれているミネラルやフコイダン、アルギン酸をはじめとするトリートメント効果の高い美容成分を贅沢に配合しているので、染色しながらツヤと潤いのある健康な髪が生み出されます。また、商品名にあるようにシャンプー後のトリートメントとして使うことができるので、トリートメントしながら簡単かつお手軽にカラーリングができること、さらに、1回分が約200円と安価なことも、大きな魅力です。
サンカラーマックスは、自然の光の力で髪をきれいに染めることを可能にした新しい白髪染めです。利尻ヘアカラートリートメントと比較したときの大きな共通点となっているのが、カラーリングのお手軽さです。こちらの商品は、ただクシでサッと髪につけるだけで簡単に染めることができます。2剤を混ぜる必要も、すぐに洗い流す必要もなく、朝に髪に塗ったら1日中放置して日光に当てるだけでしっかりキレイに染まって、しかも一度染まると色落ちしにくく20日以上も効果が続きます。少量で十分な効果があり、チューブ1本だけで全体染めなら2~3ヶ月、部分染めなら3~6ヶ月も使えるので、とても経済的です。驚くほど便利で簡単に白髪染めができる商品となっています。

前髪ウィッグ

白髪染めの徹底比較、利尻ヘアカラートリートメントとラサーナ ヘアカラー

近年、注目を集めている白髪染めの代表例として、利尻ヘアカラートリートメント、ラサーナ ヘアカラーという商品が挙げられます。この2つの製品を比較してみます。商品の性質をよく理解することが、白髪染めを選択する際に重要となります。

利尻ヘアカラートリートメントは、髪・頭皮を傷めにくくすることを第一に考えた商品です。無添加の利尻昆布エキスを配合し、髪の表面を優しくマニキュアするようなタイプに仕上げてあります。ツンとくる不快な臭いもなく、ストレスを感じることなく使用できます。使い方は簡単ですが、使用前に髪を丁寧にシャンプーしておくことが大切です。そして、タオルなどで水をよく切った後、利尻ヘアカラートリートメントを適量手に取り、髪全体に満遍なく塗っていきます。その後、5~10分ほど放置して、ドライヤーなどで乾かせば完了です。カラーリングとトリートメントを兼ねている画期的な製品だという点がポイントです。

ラサーナ ヘアカラーは、天然由来成分にこだわって作られています。頭皮がヒリヒリしやすい過酸化水素を配合せず、海藻のエキスを中心として天然成分を配合しているのです。ムースタイプなので、髪に馴染ませやすく、液垂れの心配もいりません。乾かした髪全体に馴染ませた後、5~15分ほど放置し、シャンプー・トリートメントで洗い流すだけという手軽さも魅力です。色のムラもなく、自然な色に染まっていくので、非常に美しく仕上がります。

白髪染めの利尻ヘアカラートリートメントとピュアリッチ・パーフェクトを比較してみましょう。

CMやドラッグストアに行けば所狭しと色々な白髪染めが売られていますが、やはりその強力なブリーチ力と染毛力ゆえの薬剤が、頭皮や髪の毛にダメージを与え使用感に満足している方は少ないようです。ぴりぴりと頭皮が痛んだり、つんとくるきつい臭いに頭が痛くなったり、切れ毛や抜け毛の原因になったりと、不満はあっても白髪のままでいるよりはましだからと我慢しながら使っている場合もあるようです。そんなデメリットを覆す白髪染めとして生まれたのが、トリートメントタイプのヘアカラーなのです。その代表的ともいえるのが利尻ヘアカラートリートメント、CM効果もあり知名度はダントツです。利尻昆布を中心とした天然成分と天然植物染料で配合され無添加のヘアカラーとして人気が高いです。美髪成分が贅沢に入ったトリートメントがそのまま白髪を染めてくれるので、毎日使っても安心だし生え際もいつも綺麗に保てると、お洒落に気を使う女性に一気に広まりました。それと比較してピュアリッチ・パーフェクトは知名度の点ではまだまだ利尻ヘアカラートリートメントほどではありませんが、じわじわと人気を高めています。実に3年もの歳月をかけて開発したアミノ酸を使ったPH調整で、染まりにくいと言われやすかったトリートメントヘアカラーの欠点を覆しました。配合されている天然素材の92パーセント以上がオーガニックというこだわりも、使う度に髪にこしやつやを与え、健康な美しい髪へ導いていってくれる理由でしょう。

白髪染めトリートメント、利尻ヘアカラートリートメントとヘッドスパトリートメントカラーの比較

利尻ヘアカラートリートメントと、ヘッドスパトリートメントカラーはどちらも昆布エキス由来の白髪染めトリートメントですが、二つを比較してみると、その成分は異なります。
利尻ヘアカラートリートメントは、利尻昆布エキス、オランダカラシ、オタネニンジン、ローズマリー、セイヨウキズタなど、28種類の植物由来成分からできています。
無添加で、防腐剤や香料など、髪に負担のかかる成分を使用していません。また、ヘアマニキュアという髪用のマニキュアで髪の表面をコーティングして染めるため、キューティクルを保護し、髪を痛めにくいです。シコン、ウコン、クチナシ、アトナーといった髪や頭皮に優しい天然由来色素が配合されています。
一方、ヘッドスパトリートメントカラーは、北海道、函館近海に生息する特別な環境でしか育たない貴重なカゴメコンブの成分を使用しています。そのカゴメコンブに含まれるネバネバとしたフコダインという成分が保湿力を高めます。他にも、ベニバナ、藍の葉や茎などの植物由来天然染料を使用し、これらの成分が髪へのダメージを軽減させ、美しく染め上げます。また、天然染料なので、肌への負担も少ないです。
染め方は、利尻ヘアカラートリートメント、ヘッドスパトリートメントカラーどちらも、シャンプー後にタオルドライをし、白髪の部分にのせ、髪全体になじませます。そしてそのまま指定された時間まで置いたら、すすぎ湯に色が出なくなるまですすぎ、そのあとドライヤーでしっかり髪を乾かすという方法です。

白髪染めのLPLPとマルベールロイヤルカラーの特徴を比較してみましょう。

毛髪や頭皮、地肌に優しい白髪染めとしてトリートメントタイプのヘアカラーが流行っていますが、ぞれぞれどのような特徴があるのか、詳しく比較して見ましょう。ダメージ0でしっかり染まると人気のあるLPLPは、イマージュとタカラバイオが共同開発した画期的な商品です。トリートメントタイプのヘアカラーの欠点だった、染まりにくくて落ちやすいと言う点を解消するために研究され、PH8に調整することによって髪に優しい微アルカリ性にし、染まりやすくて落ちにくい、さらにキューティクルを壊さず染めあげると言う高品質の商品を作り出しました。もう1つの特徴は、美容と健康に効果があると近年大注目されている、フコイダンを配合している点です。フコイダンとは、ガゴメ昆布に含まれるねばねばとした成分で、保湿力が非常に高いことが知られています。そのフコイダンを高分子と低分子にし、高分子フコイダンは髪の表面に潤いの膜を張り、低分子化フコイダンは毛穴の奥まで浸透し保湿します。このWの作用がしっとりつやつやに輝きのある艶髪に導いてくれるのです。そしてマルベールロイヤルカラーも、使用感の良さで、非常に人気の高いヘアカラーです。この商品の特徴は、泡立てるように手で染めることができ、5分から15分でムラなく早く染め上げられる点です。しかもシャンプーもリンスも必要なく、ただすすぐだけと言う簡単さも人気の理由です。植物由来の成分配合で染めた後がしっとりつやつやする点も、女性がうれしいポイントですね。

白髪染めのLPLPと黒耀優れている点の比較

有名な白髪染めではLPLPと黒耀が上げられます。
ではこの2つのどちらが良いのか、お互いの優れている点を見て比較してみましょう。
まずは手の汚れがどうなるか。
しっかり洗わないと落ちない時もありますから万が一手が汚れた時のことも考えて、汚れが落ちやすいものを選びたいですよね。
この点ではLPLPの方が優れています。
こちらは素手で染めた時汚れてしまっても、すぐに落ちると言ってよいでしょう。
黒耀は爪に入ると色が落ちにくく、洗ってもすぐ落ちないことがあるので注意してください。
どちらも自然な仕上がりで染めた後の不自然さは全くありませんので、手の汚れ落ちやすいほうを選んでよいでしょう。
ですが手の汚れの落ちやすさが気にならないと言う方は黒耀を選んでも損はないです。
なぜならこちらは植物由来の美容エキスを配合されており、中でもユビキノンは強力な抗酸化力を持っています。
それにより老化のもとである活性酸素を除去し、頭皮環境を若々しいまま保ってくれるのです。
他にも頭皮の血行を促すエキスやホルモンバランスを整えるエキスも入っています。
今ある白髪を染めつつも、これから生えてくる白髪を予防することが出来るのです。
LPLPにはこのような効果はないため、手の汚れが気にならず白髪染め以外の効果が欲しいという方はこちらを選んではどうでしょうか。
この2つの白髪染めはどちらも優秀ですが、優れている点がそれぞれあります。
自分の求めるものにあわせて選びましょう。

美髪成分たっぷりの白髪染め、LPLPとレフィーネのを比較する

LPLPは、染め上がり、髪のしっとり感、頭皮へのやさしさ感のすべてにおいて、利用者の圧倒的な満足度を誇っている白髪染めです。北海道近海の特別な自然環境でしか育たない貴重なガゴメ昆布に含まれる保湿力抜群の成分、「フコイダン」をはじめ、美容成分をなんと94%も高配合しています。髪や頭皮を傷める酸化染毛剤は一切使わず、フコイダンの保湿力で髪を守り、植物由来の天然素材で染め、ミネラル豊富な海洋深層水で補修します。海と植物の恵みでいたわりながら髪をやさしく染め上げるので、髪へのダメージもストレスもゼロです。また、独自のpHバランスで微アルカリ性となっているので、染まりやすく、色落ちしにくく、かつ髪を傷めない理想の条件を実現しています。
レフィーネも、髪と肌へのやさしさを一番に考えて生み出された白髪染めです。LPLPと比較したときに共通している特徴として、美髪成分が豊富に配合されていることがあります。頭皮の肌荒れを予防して毛髪を補修するダメージケア成分に、頭皮環境を良好に保つ高麗人参エキス、髪を保湿してトリートメント成分の浸透を促進する種類豊富な天然フルーツエキスといった、贅沢美髪成分がたっぷりと含まれています。また、毛髪の専門知識と経験をもとに徹底したチェックを行って、身体に害のない成分だけを厳選して使用しているので、安心・安全です。素手でそのままトリートメント感覚で使えるお手軽さに、全7色もの豊富で自由自在なカラーも合わせて、長きに亘って愛されているロングセラーの白髪染めとなっています。

髪にやさしい白髪染め、LPLPとサンカラーマックスの比較

LPLPとサンカラーマックスを比較したときに共通している特徴のひとつに、髪へのやさしさにしっかり配慮されていることがあります。LPLPは、頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料を独自のベストバランスで配合しています。これらの天然色素を髪表面に浸透・着色させ、保湿成分である「フコイダン」とミネラルたっぷりの海洋深層水の力で髪を補修することで、頭皮もしっとり潤いながらしっかりと白髪を染めることができます。また、髪にやさしい「微アルカリ性」で、傷まないけれど染まらない酸性と染まりにくいけど傷みやすいアルカリ性のちょうど中間となり、傷みにくく染まりやすい白髪染めとなっています。天然精油のさわやかな香りも魅力的で、多くの利用者から圧倒的支持を得ています。
サンカラーマックスは、光で染まると話題になっている白髪染めです。合成染料や字アミン系酸化剤を一切使用していないので、かぶれやすい方、お肌が弱い方でも安心して使うことができます。染毛成分は毛髪の表面に吸着するだけで、内部には浸透せずに髪を染めることができるので、髪を傷めることがありません。また、クシで白髪部分にサッとつけるだけで簡単に染めることができることも大きな魅力です。すぐに洗い流す必要もなく、クリームタイプなので液だれもないので服を汚す心配がありません。このお手軽さにもかかわらず、一度染まると色落ちしにくく染毛効果が20日以上も持続する驚くほどの便利さです。少量使用で家計にもうれしい、本物の「簡単白髪染め」です。

優しい+しっかり+簡単の白髪染め、LPLPとラサーナ ヘアカラーの比較

LPLPは、生え際の白髪は1ミリも逃さない、髪へのダメージは許さない、地肌に優しいのは当たり前との自信をもって提供されています。人気の理由のひとつは、94%も高配合されている美容成分です。髪や頭皮を傷める酸化染毛剤は一切使わずに、海や植物から得られる天然成分の力でいたわりながら優しく髪を染め上げます。また、独自のpHバランスで髪を染めるのに最適な弱アルカリ性となっているので、しっかり染まり、かつ髪を傷めることがありません。さらに、お風呂に入りながら染められるので部屋を汚す心配がなく、簡単・楽ちんです。髪・地肌のプロフェッショナルにも認められた、女性として輝きたい人のための商品です。
ラサーナ ヘアカラーは「サッと使いたい」「髪や頭皮を傷めたくない」「自然な仕上がりがいい」との利用者の声に応えて誕生し、美髪力と使いやすさにとことんこだわっています。髪に悪影響を与える過酸化水素を配合していないので髪や頭皮を傷める心配はなく、」天然由来成分配合で、自然の力でキューティクルや髪内部を補修して潤いを与えながら美しい髪色へ導きます。また、地毛を脱色することなく色のない白髪を染めるので、自然でキレイな仕上がりになります。さらに、液ダレしないムースタイプで髪になじませやすく、気になったときに泡でサッと15分のお手軽さです。艶のある美しい髪色を体感できる白髪染めとなっています。
LPLPとラサーナ ヘアカラーを比較すると、「優しい」「しっかり染まる」「簡単」の3拍子そろった白髪染めだということが共通しています。どちらも多くの利用者から大好評を得ている、大ヒット商品です。

LPLPとピュアリッチ・パーフェクトで白髪染めを行う比較について

白髪染めの商品はドラッグストアの店頭でも沢山の種類を見かけますが、その中でもLPLPとピュアリッチ・パーフェクトは代表的でもあり、ランキングでもよく登場しますのでそれぞれの特徴を比較してみます。まずLPLPについてですが、その大きな特徴としてはカゴメ昆布を利用して製造されている点です。

このカゴメ昆布の凄さについては、まずそのカゴメ昆布を製造している女性の手が綺麗であることに着目して、その研究が行われましたが、ネバネバ成分である「フコイダン」を多く含んでいることが解明された訳です。つまり保湿性に優れていて、傷んだ髪のキューティクルまで出来て、しかも染まるというのがメリットである訳です。

なお昆布が原料ですので弱アルカリ性のPH8を実現していて、髪に優しいながらも良く染まるのが特徴です。価格についても一本初回1,980円で送料が500円ですので、併せて2,480円で済みます。

次にピュアリッチ・パーフェクトの特徴については、まず染まらない、退色が早いという従来の白髪染めのデメリットを改善すために生まれた商品です。髪や頭皮に負担がないようにPH7.1を実現して、アミノ酸を主成分にしています。しかも92%のオーガニック成分で出来ているため、髪が傷まない点も大きいです。

価格については、初回は2,900円と送料500円で併せて3,400円になっています。LPLPとピュアリッチ・パーフェクトを比較しても共に天然成分で髪の毛に優しさを実現している点があります。ただ前者はキューティクルに重点をおき、後者は染まりやすく退色しにくいことに重点おいている点が見られます。